HOMEヘルスデータバンククリエイティブヘルス

導入のメリット

Health Data Bankのメリット

Health Data Bankは、ASP方式※なので低コストかつスピーディーに健診データの一元管理を実現します。
社員や加入者がいつでも自分のデータを参照でき、スタッフには効率的なシステム環境を提供します。

※ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)方式=インターネットを介して利用者にアプリケーションを提供するしくみ。 アプリケーションソフトは、サービス提供元のサーバに保有。利用者はインターネットに接続する環境さえあればアプリケーションソフトを利用することが可能です。

■ ASPサービスメリット

【導入期間の短縮】

システムをゼロから構築するのと違い短い期間での導入が可能です。

【安価な導入コスト】

システム開発コストやハード購入コストなどの費用がかかりません。システム利用料のみでご利用頂けます。

【メンテナンスが不要】

システムメンテナンスを含めた維持・管理はサービス提供基が行ないます。

【高いデータ漏洩対策】

インターネットにつながる環境があれば、システムを利用することが出来るので個人情報を持ち歩く必要がありません。画面上に照会した個人情報はブラウザを閉じた瞬間に、端末上のどこにも存在しなくなります。

【無償のバージョンアップ】

法律改正時などの機能追加は必要に応じて随時バージョンアップで対応します。

【ロケーションフリー】

インターネットにつながる環境があれば、どこでもデータの照会や保健指導が実施できます。

■ 高度なセキュリティー

【万全のセキュリティー対策】

確固たるセキュリティーポリシーに基づき、スタッフがシステムを利用する際に、ワンタイムパスワードや指紋認証といった二要素認証を用いている他、高度な技術や対策でデータ管理を行っています。

■ 集団/個別対応における利便性の追求

【集団・個別の保健支援活動に対応】

対象者に対する一括したメール送信やアンケート調査、個人のメール相談や面談情報記録等様々な用途に対応しています。

■ 加入者・社員の個人向け機能もご利用可能

【常時アクセス可能】

個人サイトから健診データ照会やメール相談が24時間ご利用可能です。

■ コストメリット

【 1. バージョンアップにも対応。】

システムバージョンアップもサービス提供側が対応いたします。

【 2. 費用は、サービス利用料のみ。】

ASPサービスのため、開発経費や特別な設備などの費用はかかりません。
システムサービスは利用料のみでご利用いただけます。

【 3. トータルなアウトソーシングが可能。】

システムサービス+運用支援サービスによりシステム導入後のトータルアウトソーシングが可能です。

【 4. インターフェイスにも対応。】

各公的機関へのデータ提出等のインターフェイスもお任せください。

■ 機能メリット

【 1. 複数条件での検索が可能。】

組織や複数の検査項目の条件を組み合わせた指定条件での検索が可能です。

【 2. 外部からリストの取り込みが可能。】

外部システムから抽出したリストを条件としたデータ検索が可能です。

【 3. データを改ざんせずに収納可能。】

バンクとしての機能に特化したシステムのため、異なる健診機関で受診されても結果を改ざんせずに収納できます。

【 4. 通信ツールとして利用可能。】

スタッフと個人の通信ツールとしてもご利用可能です。

【 5. 健診項目数などの限定なし。】

健診結果の履歴(保管年数)、健診項目数は限定していません。

【 6. 個人アクセスが可能。】

戻る次へ
ページトップへ▲
  1. ヘルスデータバンクについて
  2. 導入のメリット
  3. セキュリティ対策
  4. これまでの実績
  5. 費用について

お問い合わせ 株式会社NTTデータ 第二公共事業本部 ヘルスケア事業部

chn-sales@kits.nttdata.co.jp

サイトポリシー Copyright (c) 1998-2007 NTT DATA Corporation